フランス語会話トピック 1

Vous raseriez-vous la tête pour 1 million yen?

Oui, absolument! Ce serait un peu embarrassant au début mais peu importe comment je parais. D'ailleurs, ça changerait agréablement!

単語メモ

se raser le tête : to shave one's head
au début : at first
peu importe comment : it doesn't matter how
d'ailleurs : besides
ça change agréablement : it makes a refreshing change

活用表

faire
Conditionnel Présent(条件法現在)
je ferais nous ferions
tu ferais vous feriez
il ferait ils feraient
paraître
Indicatif Présent(直説法現在)
je parais nous paraissons
tu parais vous paraisses
il paraît ils paraissent
être
Conditionnel Présent(条件法現在)
je serais nous serions
tu serais vous seriez
il serait ils seraient
changer
Conditionnel Présent(条件法現在)
je changerais nous changerions
tu changerais vous changeriez
il changerait ils changeraient

坊主にしたら百万円?

トピックは、坊主にしたら百万円で、私の答えは「Oui!」です。
髪なんて、すぐ伸びるし、坊主くらいどうってことないと思います笑

ちなみに、これが、記念すべき、と言うと大げさですが笑、「フランス語会話トピック」の一つ目で、今回、書いてみて、このトレーニングは、やっぱり、かなり勉強になるなあ、と改めて感じました!

私の頭の中で起きていることは、英語で考えてから、フランス語に直すという感じですが、英語とフランス語では、結構違いがあって、一筋縄ではいかないものだなあ、とも感じます。

英語が、ゲルマン語派に分類されるのに対し、フランス語は、イタリック語派に分類され、言語のグループが違うからか、英語からフランス語への直訳は通用しないことも多いので、面白いですね。

ちなみに、ゲルマン語派の中の西ゲルマン語というグループに、英語とドイツ語などがあり、イタリック語派の中のロマンス諸語というグループに、フランス語、イタリア語、があるので、英語とフランス語より、フランス語とイタリア語のほうが近いのかもしれません。

こんな感じで、色々思うところのあるこのトレーニングが、これから、どれだけ、自分のフランス語力アップにつながるか、今から楽しみです!

Vous raseriez-vous la tête pour 1 million yen, et pourquoi?