Pimsleur Frenchシリーズ

French I, Comprehensive: Learn to Speak and Understand French with Pimsleur Language Programs French II, Comprehensive: Learn to Speak and Understand French with Pimsleur Language Programs (Comprehensive / Pimsleur Language Program) French III, Comprehensive: Learn to Speak and Understand French with Pimsleur Language Programs

レベル

瞬間仏作文第1ステージ

概要

アメリカ人用のフランス語スピーキング教材です。
1レッスン約30分で30レッスンからなり、小冊子と小冊子の音読用の音声も付いています。
小冊子には、基本的な短い仏文が並べてあり、音読用となっています。
ゆっくり丁寧に指導してくれるので、初心者でも十分ついていけます。

具体的には、「Say "Do you understand English?"」などと英文で流れ、ちょっとポーズがあって、「Est-ce que vous comprenez l'anglais?」と仏文が流れます。
音声は、英語のほうが男性の声、フランス語のほうは男性の声と女性の声が半々くらいの割合で入っています。
こんな感じで進めていき、レッスンが進むごとにだんだん難しくなっていきます。

I〜IIIまで、あるので、まったくの初心者の場合は、Iから、ある程度基礎は身についている人は、IIIだけでも効果があると思います。

長所

長所は何と言っても、音声で学べる事です。
ネイティヴでも、最初は周りの大人がゆっくり話した言葉を真似して言ったりして覚えていくと思いますが、同じ事がこの教材で出来ます。
もともと言葉は音なので、文字から学ぶよりも、最初に耳から学ぶほうが効率が良いです。
ネイティヴも音から覚えて、文字を覚えるのはそのあとです。

また、実際に口を動かして、最初から自分もスピーキングをするので、話せるようになってくる実感があります。
基本からゆっくり進んでいくので、初心者の方でもついていけるところも良いです。

私も、発音以外フランス語の知識ゼロの状態からこの教材をI〜IIIまで数ターンずつ終えて、この教材で出てきた簡単な事なら、話せるようになりました。

私は受信型の勉強が嫌いで、最初に一通りの文法を受信的に勉強するのはいやだったので、この教材に取り組みました。
その結果、この教材の次にやっている、口が覚えるフランス語の瞬間仏作文トレーニングに、最初からある程度ついていけるようになりました。

よって、私のように、取扱説明書を読まずに使いながら覚えていくタイプの人には向いています。

短所

一番の短所は、全ての文法項目を網羅していないところです。
このメソッド自体は本当に素晴らしいので、このメソッドで全ての文法項目と基本単語を網羅していたら最高なのですが、残念ながらそうではありません。
一部の基本を何度も繰り返すという形になっています。

また、他の教材と比べるとちょっと値段が高いです。
30レッスンで3万円弱なので、1ターンの1レッスンあたり、1,000円です。
私は、3〜4ターンやったので、1レッスン大体250〜333円くらいで、1レッスンあたりで考えるとそこまで高くはありませんが、全ての文法項目を網羅していない事を考えるともう少し安くするか、または全ての文法項目を網羅していて欲しかったです。

あと、日本語は一切出てこないので、難しい英語は出てきませんが、英語が全く分からないと厳しいと思います。
そのあたりも、英語が全く分からない人には短所だと言えます。

向いてる人

・まったくの初心者で、基礎からゆっくり身につけたい人
・英語→フランス語で勉強したい人
・フランス語にお金をかけても良いと思っている人
・発信型の勉強が好きな人
・単調なトレーニングが得意な人

向いてない人

・すでに基礎の作文能力がある人
・日本語→フランス語で勉強したい人
・フランス語にお金をかけたくないと思っている人
・受信型の勉強が好きな人
・単調なトレーニングが苦手な人

私の感想

個人的には、上にも書きましたが、このメソッド自体は本当に素晴らしいと思います。
発音以外フランス語の知識ゼロだった私が、フランス語の基礎が分かるようになりました。
本格的な瞬間仏作文の序章として、基礎からじっくり取り組みたい人にとっては、とてもいい教材だと思います。

ただ、メソッドが素晴らしいだけに、全ての文法項目をしっかり網羅していて欲しかったです。
これで、文法項目すべてと日常会話に必要な基本単語の全語義と全用法が網羅されていたら、発音とその教材だけで日常会話が出来るようになります!
文法項目すべてが網羅されていない点が本当に悔やまれます。

値段が高いと感じる人もいると思いますが、何度も繰り返す教材はコストパフォーマンスが高いですし、私は、フランス語にお金をかけても良いと考えていますので、私個人的には、そんなに値段は気にならなかったです。

CDやPCソフトやマイクなどを付属させる必要があるので、発信型の教材ってやっぱり高いんですよね笑
受信型の場合は、紙の本のみでOKなので、受信型の教材のほうが安い場合が多く、そういった勉強が得意な方のほうが、コスト面では断然有利だと思います。

ただ、受信型の勉強より、やはり発信型の勉強のほうが効率が良いので、出来れば高くても質の良い教材なら手に入れたいところです。
ヤフオクや、中古品で、安く買えるかもしれません。
CDなので、しっかりPCなどに取り込めれば、中古でも全く問題ないです。
また、買って、iPodに取り込んだら、あとは売ってしまっても良いと思います。

私としては、一番の不満は、全ての文法項目を網羅していない事でした。

効果的な使い方

CDに従ってそのままやって行くだけで問題ないのですが、この教材に取り掛かる前に、発音はやっておくべきです。
Tのレッスンの最初のほうは、ゆっくりと音節ごとに発音を教えてくれますが、音を聞いただけで正しくまねできるのは、小さな子供か、耳がとても良い人でないと難しいからです。
よって、この教材に取り組む前に、正しい唇や舌の動かし方などは知っておくべきと思います。

この教材を繰り返す量としては、3〜5ターンくらいですこしずつ身に付いてくると思います。
似たような内容をとにかく何度も繰り返すものなので、覚えやすく、意外とターンはかからないかもしれません。

マスターすると?

この教材だけで瞬間仏作文のすべてを終えることはできませんが、まったく知識のない人が瞬間仏作文に本格的に取り組める状態にはなります。

また、始めから実際に自分も口を動かして話す練習をするので、「だんだん話せるようになってきた!」という実感が出てきます。
この感情は、次の段階の学習のモチベーションになるので、とても重要です。

最後に

上でも書きましたが、このメソッドで、例えば、基本単語3,000語の、全時制全用法を網羅していれば、発音の練習と、これだけで、日常会話が出来るようになるという、優れ物です!
本当に良い教材なだけに、基本単語3,000語の、全時制全用法を網羅どころか、基本中の基本しか、カバーできていない事が悔やまれます。

ただ、それでも、本当に、素晴らしい教材で、口が覚えるフランス語の瞬間仏作文トレーニングに取り組むまでのステップとして、最高です。

Pimsleur French I
Pimsleur French II
Pimsleur French III

1,500円くらいのお試し版もあるので、気になる方はまずそちらを試してみて、気に入ったら本編を買うというのも良いと思います。
お試し版はこちら↓

French, Q&S: Learn to Speak and Understand French with Pimsleur Language Programs (Pimsleur Quick & Simple)