Merriam-Webster's French-English Translation Dictionary, Kindle Edition

Merriam-Webster's French-English Translation Dictionary, Kindle Edition

レベル

初級者から上級者まで

概要

Kindle版、Websterの仏英辞典です。

長所

使ってみて、私が、一番いいなあと思ったのは、活用を原型で引けることです!

どういうことかというと、例えば、本を読んでいて「furent」という単語が出てきて、これが分からなく、辞書を引こうと思った場合。

普通の紙の辞書だと、この「furent」という単語が「être」の三人称複数の単純過去形であることを知らないと、「furent」がそのまま「furent」と辞書に載っていないことがあり、辞書を引いたのに分からない、といったことが起きます。

これは、フランス語の初級者が、よくぶつかる問題で、私も、しょっちゅうこういったことがありました。

しかし、このKindle版なら、「furent」を引くと、「être」と出てくるので、活用が分からない単語でも、ちゃんと原型を知れるのです。

これは、本当に、素晴らしく、一番の長所のように思います!

また、こんな素晴らしい辞書が、たったの千円ちょっとで買えてしまうというのも素晴らしいと思います。

コスパ抜群で、特に、Kindleで、フランス語の本を読みたい!という人には、マストアイテムといっても良いかもしれません。

もちろん、普通に、本として開いて、検索して、電子辞書のように使うこともできます。

「Merriam-Webster」の辞書ですので、内容も、信頼出来て、語義も分かりやすく、素晴らしい辞書です。

短所

短所としては、これは、「仏英」で、日本語は一切出てこないので、英語が分からない人にとっては、そこが短所になると思います。

また、Kindle版ですので、Kindleを持っていないと使うことが出来ないのも、短所になるかと思います。

向いてる人

・Kindleでフランス語の本が読みたい人

向いてない人

・英語が分からない人
・仏和・和仏辞書が欲しい人
・Kindleを持っていない人

私の感想

上に書いた通り、活用が分からない単語でも、原型を引くことができるのが、本当に素晴らしくて、これからフランス語の多読をしていこうと思っているものとしては、素晴らしいの一言です!

効果的な使い方

Kindleで多読をする上で、普通に辞書として使っていくのが、一番、効果的な使い方ではないかと思います。

マスターすると?

内容が豊富過ぎて、この辞書を「マスター」するのは、無理かもしれませんが笑、もし、できたら、フランス語も「マスター」出来たも同然だと思います。

最後に

上にも書きましたが、本当に使い勝手がよく、Kindleを持っている人、フランス語の多読をする人にとって、マストアイテムといってもいい、すばらしい辞書だと思います。

Merriam-Webster's French-English Translation Dictionary, Kindle Edition