私のフランス語学習記録 2010年11月以前まで

私が、一番最初にフランス語学習を始めたのは、いつだったか忘れてしまいましたが、「学習」と呼ぶほど時間を割いていませんでした。

やさしいフランス語の発音

やさしいフランス語の発音―CDとイラストで楽しく学ぶ

まず最初に取り組んだのが、発音の練習です。

具体的には、やさしいフランス語の発音―CDとイラストで楽しく学ぶという教材を使いました。

ずいぶん前のことでしたが、たしか、フランス語にしかない音だけを、CDと一緒に100ターン位、発音練習したのを覚えています。

Pimsleur

French I, Comprehensive: Learn to Speak and Understand French with Pimsleur Language Programs French II, Comprehensive: Learn to Speak and Understand French with Pimsleur Language Programs (Comprehensive / Pimsleur Language Program) French III, Comprehensive: Learn to Speak and Understand French with Pimsleur Language Programs

そして、そろそろ瞬間仏作文に取り組もうと思ったのが、2009年の11月のことで、2009年の11月24日から、Pimsleur French Iという教材を、はじめました。

手をつけてみて、この教材が気に入ったので、Pimsleur French IIPimsleur French IIIと続けて行きました。

それぞれ、数ターンずつ終わらせたのが、2010年の9月くらいです。

1からはじめるフランス語作文

1からはじめるフランス語作文

ただ、Pimsleurは素晴らしい教材なのですが、全ての文法項目を網羅していないので、それをカバーするために、1からはじめるフランス語作文という教材を始めました。

2010年05月31日のことでした。

ただ、この教材は、CDが付いていない上に、机に向かって勉強という要素が強く、途中で飽きてしまって笑、第1部の20課までしか終えていません。

しばらく休止

そのあと、2010年の06月中旬くらいから10月後半までは、フランス語学習にほとんど手をつけずにさぼり気味でした。

上で、「〜2010年09月」と書いてありますが、それは、09月に数回だけ学習したからで、実質は06月中旬くらいからほとんど手をつけていませんでした。

口が覚えるフランス語

口が覚えるフランス語 CD2枚付

そして、そろそろ本格的にフランス語学習に取り組もうと、2010年10月21日から、口が覚えるフランス語という教材に取り組みました。

1日10トラックずつ、瞬間仏作文という感じで、学習を始めました。

最初は、瞬間仏作文できない文も多く、本を見ながらCDと一緒に音読、という形をとっていました。

飽きたもの笑 & 挫折したもの笑

これは似ている!英仏基本構文100+95―英仏日CD付 The Oxford-Hachette French Dictionary (CD Rom)

右の二つは、試してみたけど続かなかったものです。

これは似ている!英仏基本構文100+95―英仏日CD付のほうは、早めに構文を押さえておこうと思ったのですが、飽きてしまいました笑

瞬間仏作文の第2ステージが終わったら、第3ステージとしてトライアゲン!!の予定です。

The Oxford-Hachette French Dictionary (CD Rom)のほうは、これもまた早めに運用語彙用のアンチ・バベルの塔を建てようと思ったのですが、時期が早すぎて失敗しました笑

これも、瞬間仏作文の第2ステージが終わったら、トライアゲンです!!

私は、思いついたら、とりあえずやってみることにしてるので、失敗したり挫折したり途中で飽きてしまったりという事が多いのですが笑、それもその時に自分に合った学習法を見つけるためだと思ってやっています。

また、とにかく色々な教材や勉強法を自分で試してみることが、遠回りに見えてじつは最短コースだと、私は考えています。

まとめ

最後に

以上、2009年11月24日から2010年11月までの私の学習履歴の概要はざっとこんな感じです。

そして、2010年11月現在の目標は、口が覚えるフランス語を50ターンです。

この教材を徹底的に使い倒して完璧にマスターすれば、かなりのレベルアップになると思いますので、現在目下、取り組み中です!!