私のフランス語学習記録 2015年12月14日まで

Bonjour! Comment allez-vous?

先日、12月09日、私にとって、二冊目の、フランス語の本、「De l'inconvénient d'être né」を読み終えました!
初めての時も嬉しかったのですが、二冊目の今回も、フランス語の本を、一冊読み切ることができ、フランス語のペーパーバック読書が定着してきて、嬉しいです♪
そんな感じで、キリの良い所ですので、また、学習記録を残したいと思います。

ペーパーバック読書

de L Inconvenient D Etr (Collection Folio/Essais) Merriam-Webster's French-English Translation Dictionary, Kindle Edition

フランス語のペーパーバック読書は、「シーシュポスの神話」と「生誕の災厄」を二冊同時に読み始め、12月03日に、「シーシュポスの神話」を読み終え、今回、上に書いた通り、「生誕の災厄」を読み終えました。

もちろん、何もかもまだまだですが、それでも、辞書を引きまくり、二冊読み終えたことで、読み始める前と比べると、語彙がかなり増えてきた実感があります。

この調子で、どんどん、フランス文学を読んでいき、フランス語を身に付けていきたいと思います!

辞書は、Merriam-Webster's French-English Translation Dictionary, Kindle Editionを、だいぶ使い慣れてきました。

辞書の内容自体も、簡潔で分かりやすく、本よりも早く引けて、かなりいい感じです♪

フランス語、必須4,503単語マスター再開!

新スタンダード仏和辞典 The Oxford-Hachette French Dictionary (CD Rom)

新スタンダード仏和辞典の、印が付いている基本4,503単語をピックアップして、まずは、1単語につき1つ、自分で例文を作っていく。

このトレーニングは、まだまだペースがまだまだ遅いですが笑、先日、840まで終わりました。

今年度中には、4,503単語の例文を作り終え、来年度からは、その自分で作った例文集の音読を何ターンもかましやり、まずは一つの語義だけでも、基本4,503単語を身に付けようと思っています。

現在、840単語まで来たので、あと、3,663単語!

最後に

ついに、最初に二冊同時に読み始めた、フランス語のペーパーバックを二つとも読み終えることができて、嬉しいです。

また、早速、三冊目、アルセーヌ・ルパンの原作「Arsene Lupin, Gentleman-cambrioleur」も読み始めました。

最初の二冊は、思想書、哲学書、の色が濃くて、内容自体が難しかったのですが、これは、児童文学に分類されることもありますし、ストーリーもあり、三冊目なので、より理解できて楽しめている感じがしています。

今年は、フランス語学習、なかなか良い感じです♪

以上、今日までの、フランス語の学習記録でした。
それでは、また、À bientôt!