私のフランス語学習記録 2015年11月20日まで

Bonjour! Comment allez-vous?

前回、2015年09月17日までで、100ページまで読み終えた、二冊のフランス語のペーパーバックが、先日、二つとも、150ページまで来まして、キリの良い所なので、また、学習記録を残したいと思います。

ペーパーバック読書

Le Mythe de Sisyphe (Collection Folio / Essais) de L Inconvenient D Etr (Collection Folio/Essais)

フランス語のペーパーバック読書、「Le Mythe de Sisyphe」と「De l'inconvénient d'être né」の二冊、先日、150ページまで来ました。

「シーシュポスの神話」は、187ページしかないので、あと37ページ、「生誕の災厄」は、244ページあるので、あと96ページです。

ペーパーバック読書は、すっかり軌道に乗ってきた感があり(といっても、かなりペースが遅いのですが)、このまま、フランス語学習のメインのトレーニングメニューとして、ずっと続けていくことになりそうです。

Etre privé d'espoir, ce n'est pas désespérer.
「シーシュポスの神話」By アルベール・カミュ

Il n'y a pas de frontières entre les disciplines que l'homme se propose pour comprendre et aimer.
「シーシュポスの神話」By アルベール・カミュ

Une seule chose importe: apprendre à être perdant.
「生誕の災厄」By シオラン

本当にその通りだなあと思う一文が多々出てきて、読むだけでなく、書き留めておくときに、自分でもその一文をパソコンに打ち込むことになるので、記憶の手伝いになり、フランス語学習がはかどります♪

背景知識として、ギリシャ神話と聖書を学ぶ

聖書とギリシャ神話は、前回までに、「面白いほどよくわかるギリシャ神話」を2ターン、「面白いほどよくわかる聖書のすべて」を、1ターン読み終えていました。

そして、先日、「ギリシア神話〈上〉 (新潮文庫)」を読み終えたところです。
ただ、これが、強敵で笑、人名(神の名ので神名?)が、山ほど出てきて、誰が誰だか、さっぱり分からなくなり、読み終えて、ほとんど内容を覚えていません笑
それでも、読む前と比べると、ギリシャ神話の知識が、大幅に増えたので、このまま、「ギリシア神話〈下〉 (新潮文庫)」を読んで行こうと思います。

そうしたら、ギリシャ神話に関しては、また、あと何度か、「面白いほどよくわかる」シリーズを読んで、とりあえず、基礎知識はOKという感じになるかと思います。

本当に、ギリシャ神話は、固有名詞が山ほど出てきて、しかも、「別伝ではこういう説もある」など、諸説あるものが少なくなく、とてもじゃないけど、全部は覚えられませんので、あとは、何かのきっかけで、たとえば、小説を読んでいて、ギリシャ神話の登場人物が出てきたら、その都度、調べて行けばいいかな、と思っています。

また、前回からまだ読んでいない、「面白いほどよくわかる」シリーズの、「仏教」と「ギリシャ哲学」は、これから読んでみようと思っています。

面白いほどよくわかるギリシャ神話―天地創造からヘラクレスまで、壮大な神話世界のすべて (学校で教えない教科書) 面白いほどよくわかる聖書のすべて―天地創造からイエスの教え・復活の謎まで (学校で教えない教科書) 面白いほどよくわかる仏教のすべて―釈迦の生涯から葬式まで 仏教早わかり事典 (学校で教えない教科書) 面白いほどよくわかるギリシャ哲学―ソクラテス、プラトン、アリストテレス…現代に生き続ける古典哲学入門 (学校で教えない教科書) ギリシア神話〈上〉 (新潮文庫) ギリシア神話 下 (新潮文庫 く 6-2)

フランス語、必須4,503単語マスター再開!

新スタンダード仏和辞典 The Oxford-Hachette French Dictionary (CD Rom)

前に、新スタンダード仏和辞典の、印が付いている基本4,503単語をピックアップして、これらの単語の基本的用法、全てを網羅した例文集を作るというトレーニングを始め、必須基本単語マスターというコーナーを作ったものの、すぐに見事に挫折してしまったのですが笑、あれが、2013年06月22日のことで、もう2年以上前で、あれから実力がアップしてるはずなので、この度、再開しました。

また、いきなり全ての語義を網羅するのは負担が大きすぎるので、まずは、一単語につき一例文、という感じで始めました。
そして、これが、先日、700単語まで終わりました。

これの効果が計り知れず、まだ始めたばかりですが、フランス映画を観ていて聞き取れるセリフが増えたり、フランス語の文章を読んでいて、理解できることが多くなってきて、早くも上達の実感があってうれしいです!

単純に、語彙が増えたのもありますが、The Oxford-Hachette French Dictionary (CD Rom)でその単語を引きながら、自分で例文を作る過程が、フランス語作文になるので、これが、かなり効果があるように思います。
700単語まで終えたということは、700個のフランス語作文をこなしたということで、これのおかげで、文法の理解もより深まってきたように思います。

例えば、このコーナー、必須基本単語マスターのhtmlファイルには、私は、「les mots essentiel」と名前をつけましたが、「essentiel」の語尾に「s」が抜けてるじゃん笑、と前は気付かなかったことに、気付けるようになりました。
ただ、いまさら、ファイル名を変えたくないので、当時の自分の実力が分かるように、間違いを間違いのまま、残しておこうと思います。

また、自分で例文を作っていて、単純に楽しいので、これからも、楽しく、続けて行けそうです。
現在、700単語まで来たので、あと、3,803単語!

最後に

前回から、150ページまで読み終え、必須基本単語マスターも700単語まで終わり、サイトもリニューアルして、フランス語学習は、徐々にではありますが、いい感じで、軌道に乗ってきているように思います♪
前回も書きましたが、早く、次に、アルセーヌ・ルパンの原作「Arsene Lupin, Gentleman-cambrioleur」を読みたいです。
今年中に、上記の二冊を読み終えられるか、分かりませんが、「シーシュポスの神話」を読み終えたら、この、アルセーヌ・ルパンの原作の短編集を読み始めようと思っています。

以上、今日までの、フランス語の学習記録でした。
それでは、また、À bientôt!

Je prie pour la paix dans le monde.