変化する関係代名詞

変化する関係代名詞は、先行詞の性数によって以下の表のように変化します。
変化しない関係代名詞を使うと、意味があいまいになるときや、どれが先行詞なのか分からなくなるとき、などに使われます。

「lequel、lesquels、laquelle、lesquelles」は、関係詞の節で、主語に、
「前置詞 + lequel、lesquels、laquelle、lesquelles」は、関係詞の節の中で、間接目的語か、前置詞の目的語になります。

変化する関係代名詞
  男性単数 男性複数 女性単数 女性複数
  lequel lesquels laquelle lesquelles
à + auquel auxquels à laquelle auxquelles
de + duquel desquels de laquelle desquelles

主語

● C'est la coutume du pays laquelle me plaît.
  これは、その国の、私の好きな習慣だ。(好きなのは「その習慣」)

● C'est la coutume du pays lequel me plaît.
  これは、私の好きな国の、習慣だ。(好きなのは「その国」)

上は、「laquelle」なので、先行詞は女性単数形の名詞、つまり、「la coutume」に、
下は、「lequel」なので、先行詞は男性単数形の名詞、つまり、「le pays」に、なります。

このように、先行詞を明確にするために、この変化する関係代名詞は使われます。
先行詞が初めから明確な場合は、口語では、「qui」が使われ、この変化する関係代名詞を使うのは、文語になります。

間接目的語、前置詞の目的語

● C'est toi à laquelle je pense.
  It's you of whom I think.
  僕が想っているのは君だ。

● C'est la vie de laquelle j'ai rêvé.
  This is the life of which I dreamed.
  これぞ、私が夢見ていた人生だ。

上の例のように、先行詞が人の場合は、「à laquelle」=「à qui」で置き換えられ、その方が一般的です。
ただし、前置詞が、dans、parmi、entreの時は、「qui」で置き換えられず、この変化する関係代名詞を使います。

また、2番目の例文のように、先行詞が物の場合は(この場合は「la vie」)、「qui」で置き換えられず、この変化する関係代名詞を使います。

前置詞 + 先行詞

● J'aime la fille en face de laquelle je suis assis.
  I love the girl in front of whom I sit.
  僕は、僕の座っている前の、女の子が好きだ。

このように、「前置詞 + 名詞」のあとは、duquel、desquels、de laquelle、desquelles、が続き、「dont」で置き換えることはできません。
この例のように、先行詞が人の場合は、「en face de laquelle」=「en face de qui」で置き換えられます。