人称代名詞

フランス語の人称代名詞は、主語になるとき、直接目的語になるとき、間接目的語になるときで、形が変わり、また、強勢形というものもあります。
二人称複数の「vous」は、相手が単数の時にも使われ、目上の人や、あまり親しくない人、に対して用いられます。
また、「人称」とありますが、物にも使われ、その物の名詞の性数に合わせた、三人称になります。
括弧内は、次にくる単語が、母音か、無音の「h」、で始まる場合です。

人称代名詞
   主語 直接目的語 間接目的語 強勢形
一人称単数 je(j') me(m') me(m') moi
二人称単数 tu te(t') te(t') toi
三人称単数男性 il le(l') lui lui
三人称単数女性 elle la(l') lui elle
一人称複数 nous nous nous nous
二人称複数 vous vous vous vous
三人称複数男性 ils les leur eux
三人称複数女性 elles les leur elles

第1文型「S V」

● Elle pète.
  彼女は屁をこく。

文型ごとに、人称代名詞の使い方を見てみましょう!
まずは、第1文型は「S V」で、「V」に人称代名詞は来ないので、「S」、つまり、人称代名詞が、主語として使われる場合です。
これは、上の表の通りに使えばいいので問題ないと思います。

第2文型「S V A」

● C'est moi.
  それはオレだ。

原則として、人称代名詞は、属詞に来るとき、強勢形になります。
主語は「ce」、動詞は「est」です。

第3文型「S V OD」

● Je t'aime.
  君を愛している。

この文型で、注意が必要なのは、人称代名詞が、直接目的語になるとき、動詞の前に置かれるということです。
英語でいうと、

 I love you.

で、英語の場合、直接目的語「you」が、動詞「love」の後に来ていますが、上のフランス語では、直接目的語「te」が、動詞「aime」の前に来ています。
動詞「aime」は、母音から始まるので、「t'」の形になっています。

第4文型「S V OI」

● Tu lui plais
  彼は君が好きだ。
● Je pense à toi.
  私は君を想っている。

1番目の例のように、直接目的語と同様、間接目的語になる場合も、人称代名詞は、動詞の前に置かれます。
また、人称代名詞に、前置詞「à」も含まれているとみなされます。

ただ、すべての場合で、そうなるわけではなく、2番目の例のように、「penser à」のような場合は、「動詞 à 強勢形」の形になります。

第5文型「S V OD OI」

● Elle lui a donné une gifle.
  彼女は、彼に、ビンタを、お見舞いした。
● Elle l'a donné à son mari.
  彼女は、それを、夫に、お見舞いした。
● Elle la lui a donné.
  彼女は、それを、彼に、お見舞いした。
● Elle me l'a donné.
  彼女は、それを、オレに、お見舞いした。

1番目の例のように、間接目的語に、人称代名詞が来る場合は、基本的に、動詞の前に人称代名詞が置かれます。
2番目の例のように、直接目的語に、人称代名詞が来る場合も、基本的に、動詞の前に人称代名詞が置かれます。

3、4番目の例では、人称代名詞が、二つ使われています。

直接目的語が、「le」「la」「les」の時は、このように、人称代名詞を二つ並べることができます。
並べ方の順番は、間接目的語が三人称である、3番目のような場合は、

「S OD(le、la、les) OI V」

間接目的語が、三人称以外である、4番目のような場合は、

「S OI OD(le、la、les) V」

の形になります。

3番目の場合は、間接目的語が「lui(彼に)」という三人称なので、「lui」が「la」の後に、
4番目の場合は、間接目的語が「me(私に)」という三人称以外なので、「me」が「la」の前に、来ているのがわかると思います。

直接目的語が、「le」「la」「les」以外の時は、人称代名詞を動詞の前に持ってきて、二つ並べることができず、その場合は、間接目的語に、「前置詞+強勢形」が使われます。

○ Dieu t'a donné à moi.
  神はあなたを私にくれた。
× Dieu te m'a donné.
  直接目的語「te」は「le、la、les」以外なので、「te me」と並べることはできない。

第6文型「S V OD A」

● Je la trouve très jolie.
  私は、彼女は、とてもかわいいと思う。

これも、人称代名詞が動詞の前に置かれ、他の基本的なものと、語順は同じです。

最後に

以上が、人称代名詞の基礎です。
もちろん、上記以外にも、様々な例外がありますが、初心者のうちは、まず、上の基礎的なことを、しっかりおさえて、そのあとで、例外は例外として、学んでいけばいいと思います。