第6文型 S V OD A

● Je trouve les blattes super.
  ゴキブリはイカす。

この文では、「Je」が主語、「trouve」が動詞、「les blattes」が目的語、「super」が属詞です。
これは、英語でいう第5文型と一緒なので、難しくないと思います。
英語で書くと、上の文は、次のようになります。

 I find cockroaches cool.

この文型では、OD=Aの関係になります。
つまり、「les blattes(ゴキブリ)」=「super(イカす)」になります。
「trouver」は、「OをAだと思う」というような意味です。

この文型をとる動詞も、そんなに多くないので、基本的なものは、覚えてしまってもいいと思います。
以下に、その基本的なものを、載せておきます。

上の、「trouver」のほかに、以下のようなものががあります。

「faire OD A(ODを、Aに、する)」
「laisser OD A(ODを、Aの、ままにしておく)」
「tenir OD A(ODを、Aに、保つ)」
「vouloir OD A(ODが、Aであると、望む)」
などなど。

間接構成

また、この文型は、前置詞を取るものがあり、上のような前置詞を介さないものを「直接構成」、以下のような、前置詞を介すものを「間接構成」と言います。

● Elle considère son chien comme son enfant.
  彼女は、彼女の犬を、自分の子供のように、考えている。

この文では、「Elle」が主語、「considère」が動詞、「son chien」が目的語、「comme son enfant」が前置詞付きの属詞です。
これは、属詞の前に、前置詞が付いただけで、あとは、最初の例と同じです。

「considèrer OD comme A」で、「ODを、Aだと、みなす」というような意味です。

このように、前置詞を介す、第6文型と取る動詞は、上の、「considèrer」のほかに、以下のようなものががあります。

「choisir OD comme A(ODを、Aに、選ぶ)」
「prendre OD comme A(ODを、Aと、みなす)」
「regarder OD comme A(ODを、Aと、見る)」
などなど。