疑問形

フランス語の疑問文は、色々な作り方があります。

「est-ce-que」

● Est-ce-que tu es heureux?
  君は幸せ?

口語で、一番一般的なのが、このように、文頭に「est-ce-que」をつける方法です。
このとき「est-ce-que」の後の文は、そのままの語順です。

倒置

● Es-tu heureux?
  君は幸せ?

文語で一般的なのは、この例のように、主語と動詞を倒置する方法です。
倒置された主語と動詞は、ハイフンでつなぎます。

主語が普通名詞や固有名詞の時

●  Vos amis sont-ils vraiment vos amis?
  あなたの友人たちは、真に、あなたの友人ですか?

主語が普通名詞や固有名詞の時、この例ように、主語の名詞を、人称代名詞で受けて、主語と動詞を倒置します。

主語の「Vos amis」は、三人称複数男性名詞ですので、「ils」で受けます。
そして、「ils sont」を倒置して、「sont-ils」となります。
「vraiment」は「本当に(really)」という意味の副詞です。