直説法大過去

直説法大過去とは、英語でいう、過去完了に近いです。
作り方は、「avoirの半過去形 + 過去分詞」「êtreの半過去形 + 過去分詞」になります。
「avoir」を取るか「être」を取るかは、その動詞により、「移動系」の動詞は、「être」を取ることが多いのは、複合過去と同じです。

avoir
Indicatif Imparfait(直説法半過去)
j'avais nous avions
tu avais vous aviez
il avait ils avaient
être
Indicatif Imparfait(直説法半過去)
j'étais nous étions
tu étais vous étiez
il était ils étaient

例文

● J'étais déjà tombé amoureux quand je t'ai vu pour la première.
  I had already fallen in love with you when I saw you for the first time.
  君を初めて見た時には、僕はすでに君に恋していた。

● Je n'avais jamais aimé quelqu'un avant que je t'ai rencontré.
  I had never loved someone seriously untill I met you.
  君に出会うまで、僕は誰かを愛したことがなかった。

大過去は、このように、「過去 + 過去から見てさらに過去のこと」をセットで言う時に使われることが多いです。