比較級

フランス語の比較級は、単語こそ違うものの、形は、英語と、かなり似ているので、理解しやすいと思います。
早速、例を見てみましょう!

「more 〜 than 〜」

● Il fait plus chaud au paradis qu'en enfer.
  It is more warm in heaven than in hell.
  天国は地獄より暖かい。

この例では、形容詞「chaud」が、比較級になっています。
このように、英語で、「more 〜 than 〜」になる場合、フランス語では、「plus 〜 que 〜」になります。

「twice as 〜 as 〜」

● Tu es deux fois plus belle que elle.
  You are twice as beautiful as her.
  君は彼女の2倍美しい。

この例では、形容詞「belle」が、比較級になっています。
このように、英語では、「twice as 〜 as 〜」のような場合、フランス語では、「deux fois plus 〜 que 〜」になります。

「less 〜than 〜」

● Je rote moins souvent que toi.
  I burp less often than you.
  俺はお前より、ゲップしない。

この例では、副詞「souvent」が、比較級になっています。
このように、英語では、「less 〜than 〜」のような場合、フランス語では、「moins 〜 que 〜」になります。

「as 〜 as 〜」

● C'est aussi blanc que une crotte de pigeon.
  It's as white as pigeon shit.
  それはハトのフンと同じくらい白い。

この例では、形容詞「white」が比較級になっています。
このように、英語では、「as 〜 as 〜」のような場合、フランス語では、「aussi 〜 que 〜」になります。