Paul et Virginie

Paul Et Virginie
Paul et Virginie
著者:Bernardin de Saint-Pierre
発表年:1788
オススメ度:★★★★
読了日:2017.01.09

あらすじ

舞台は、フランス領の南の島。
二人の女性、Margueriteと、Madame de la Tourは、それぞれの事情から、この島に住み着き、それぞれ、Paul、Virginieという子供を産む。
平和に暮らす日々が続き、Paul、Virginieも、大きくなり、やがて二人は恋に落ちる。
そんなある日、パリに住む、Madame de la Tourの叔母から、一通の手紙が届く。
そして・・・

私の感想、レビュー

この「ポールとヴィルジニー」は、インターネットで次に読む本を探していたとき、この作品に感銘を受けたと、ある方が書かれているのを見て、読んでみようと思ったのが、私が本書を手にしたきっかけでした。

私は、まだまだ、辞書を引きながらですし、それでも、長い文章になると一気に理解度が落ち、短い文章でも分からないところが多々あり、この作品も、決して完璧に読めたわけではありませんが、それでも、大分、楽しめました!

南の島の風景描写が本当に綺麗で(夏に読めば良かったかなあという感じはありますが笑)、私は、あまり信仰心の強い方ではないので、「Dieu(神様)」について、語り手の老人が話す内容は、イマイチ、ピンと来ないところもありましたが、それでも、心に留めておきたいセリフの多い、素晴らしい作品でした。

Après tout, la considération publique vaut-elle le bonheur domestique?

Elles avaient banni de leurs conversations la médisance, qui, sous une apparence de justice, dispose nécessairement le cœur à la haine ou à la fausseté ; car il est impossible de ne pas haïr les hommes si on les croit méchants, et de vivre avec les méchants si on ne leur cache sa haine sous de fausses apparences de bienveillance. Ainsi la médisance nous oblige d'être mal avec les autres ou avec nous-mêmes.

Après le rare bonheur de trouver une compagne qui nous soit bien assortie, l'état le moins malheureux de la vie est sans doute de vivre seul.

La solitude ramène en partie l'homme au bonheur naturel, en éloignant de lui le malheur social.

Lisez donc, mon fils; les sages qui ont écrit avant nous sont des voyageurs qui nous ont précédés dans les sentiers de l'infortune, qui nous tendent la main, et nous invitent à nous joindre à leur compagnie lorsque tout nous abandonne.

この作品が出版されたのは、なんと、1788年で、今から229年前、日本は江戸時代。

日本語だと、古文書は、筆のくずし字が、一般人には解読不能で笑、候文なども、かなり読み難く感じますが、フランス語は、この時代の文章を今読んでも、十分理解できるということが、印象的でした。

短めの小説で、ストーリーはシンプルですが、風景描写が本当に綺麗な、人生訓の詰まった、素晴らしい作品だと思います。