Le Crime de Sylvestre Bonnard

Le Crime de Sylvestre Bonnard (French Edition) Le Crime De Sylvestre Bonnard
Le Crime de Sylvestre Bonnard
著者:Anatole France
発表年:1881
オススメ度:★★★★
読了日:2017.02.12

あらすじ

前半は、自分のところに本を売りに来た男と、その家族とのエピソード。
後半は、自分の初恋の人と、その家族との数奇な運命。
老齢のフランス学士院会員で、大の本好きである主人公、シルヴェストル・ボナールの日記体で綴られる物語。

私の感想、レビュー

アナトール・フランスの「シルヴェストル・ボナールの罪」。

この度、初めて読みましたが、フランス語が結構難しく、もちろん、私の実力不足もありますが、辞書にも載っていない単語も多く、私は、辞書を引きながらでも、理解できない文章が数多くありました。

ただ、内容は素晴らしく、心温まるエピソードや胸に留めておきたくなるような文章に出合えて、前半は緩やかですが、特に後半は展開が速くなってくるので、続きが気になって一気に読んでしまい、とっても楽しむことが出来ました。

Il est à remarquer, Madame, que les hommes qui se sont occupés du bonheur des peuples ont rendu leurs proches bien malheureux.

On n'apprend qu'en s'amusant : l'art d'enseigner n'est que l'art d'éveiller la curiosité des jeunes âmes pour la satisfaire ensuite, et la curiosité n'est vive et saine que dans les esprits heureux.

Quand on souffre bien on souffre moins.

Tous les changements, même les plus souhaités ont leur mélancolie, car ce que nous quittons, c'est une partie de nous-mêmes ; il faut mourir à une vie pour entrer dans une autre.

本を愛する心優しい主人公の姿が、とっても微笑ましく、哀しい場面もありますが、読後感爽やかな、心温まる作品です。