De l'inconvénient d'être né

de L Inconvenient D Etr (Collection Folio/Essais)
De l'inconvénient d'être né
著者:Emil Cioran
発表年:1973
オススメ度:★★★★
読了日:2015.12.09

あらすじ

ルーマニアの思想家、エミール・シオランによる、全編、断章で綴られる、随筆作品。

私の感想、レビュー

この「生誕の災厄」、私にとって、二冊目の、フランス語の本で、分からないところも多かったのですが、とても興味深く読めました。

良くも悪くも、幻想を吹っ飛ばしてくれる、ものすごい内容だと思います笑

フランス語力、読解力、人間力、何もかもまだまだな私には、分からないところも多かったのですが、分かったところは、とにかく内容が素晴らしく、評価は、4.5点になりました。

以下、私でも、理解できた、胸に留めておきたい文章です。

Regarder sans comprendre, c'est cela le paradis. L'enfer serait donc le lieu où l'on comprend, où l'on comprend trop...

Ce n'est pas la peine de se tuer puisqu'on se tue toujours trop tard.

Ce n’est pas la peur d’entreprendre, c’est la peur de réussir, qui explique plus d’un échec.

On ne redoute l'avenir que lorsqu'on n'est pas sûr de pouvoir se tuer au moment voulu.

La lucidité n'extirpe pas le désir de vivre, tant s'en faut, elle rend seulement impropre à la vie.

内容は、かなり暗いものですが、「薄っぺらい前向き論」「ポジティブ思考の押し付け」「生きることを強要してくる風潮」に、うんざりしている人には、むしろ、かなり響く、素晴らしい作品だと思います。