Comment rater complètement sa vie en onze leçons

Comment rater complètement sa vie en onze leçons
Comment rater complètement sa vie en onze leçons
著者:Dominique Noguez
発表年:2002
オススメ度:★★★
読了日:2018.04.18

あらすじ

フランスの大学教授が語る、人生を完全にダメにするための11のレッスン!

私の感想、レビュー

本作は、日本語訳では「人生を完全にダメにするための11のレッスン」のタイトルで出版されている、エッセイ集です。

「人生を良くする」みたいな本が巷に溢れている中で、「人生をダメにする」というのが私には新鮮で、その原書であるこの作品を、思わず買って読んでみました。

しかし、辞書を引いても(Merriam-Webster's French-English Translation Dictionary, Kindle Edition)、載っていない単語が多くて、途中から、丁寧に読む気が失せてしまい笑、30ページくらいからは、辞書を引かずに、読み飛ばして行くことにしました。

が!笑
大体、途中まで読んで、つまらない本は、最後までつまらないことが多いのですが、この作品は、いい意味で、そのパターンを裏切ってくれました!

途中から、とっても面白くなって、読んでいて、何度も、笑わされました!

ネタバレになってしまうので、あまり書けませんが、日本のことも少し出てきて、そこだけ紹介させていただきますと、「銭湯ではお湯の中で石鹸を使え」とか「靴を脱がずに土足で人の家に上がり込め」とか、「人生を完全にダメにする」ためのコツが、たくさん書かれています笑

こんな感じで、今回、最初の30ページくらいを除いて、辞書無しで読み、それでも、分かるところは分かるのが嬉しくて、とにかく面白かったです!(分かるところが分かるの当たり前ですが笑、辞書無しで読んでも意外と分かる文章も多かったのが、嬉しかったです!)

ただ、全部理解出来たら、オススメ度(というより、私が楽しめた度ですが笑)は、星5点レベルなのですが、やはり、まだまだ、私の実力不足で、分からない所だらけで、楽しめないところも多かったので、今回は、星3点といった感じです。

また、大学教授が書いただけあって、人名や地名などの固有名詞が多く、哲学や文学や歴史や映画などなど、教養がないと理解できないところも多い、中々、手ごわい本です。

今回、理解できなかったところも、もっと理解出来たら、もっと楽しめて、もっと面白いんだろうなあ〜、と思いますので、また、しばらくしてから、読みたいと思っています!

以上、ユーモアあふれる文章で、思わず笑ってしまう、とっても面白いエッセイ集でした!