発音

私の英語学習の経験から、語学学習でまずはじめにするべき事は発音だと確信しています。
発音は語学の土台です。
この土台がしっかりしてないと、あとで大きなロスになりますので、必ず発音をしっかり習得するべきだと思います。

そこで、まずは1冊発音の本を買って、それを100ターン位練習するといいと思います。
私は、やさしいフランス語の発音を購入して、英語にはなくフランス語にしかない音のみを100ターンくらい練習しました。
これで、発音の基礎は身につける事が出来ます。

やさしいフランス語の発音―CDとイラストで楽しく学ぶ

ただ、似ている音の区別が出来ないんですよね笑
私は、特に日本語の「ウ」に似た音の区別がつきません。
感覚的に、フランス語は子音よりも、母音の使い分けのほうが難しいような気がしています。

そんなに気にしなくても十分通じると良く聞きますが、真剣な学習者にとっては、似ている音の区別もしっかりしたいところですよね。
似ている音の区別に特化したフランス語の教材がないので、似ている音の区別に関しては、私もなにか良い打開策や教材はないか模索中です。

ただ、とりあえず基礎はやさしいフランス語の発音で大丈夫だと思います。

あと、フランス語で特徴的な音と言えば、「R」ですが、他の場合はそうでもないのですが、「K + R」または「G + R」の組み合わせが、難しいです。
ただ、ほかの子音はそこまで難しいこともなさそうです。

まとめると、いまのところ最も効果的だと思う発音の身につけ方は下記のようになります。

@ まずはやさしいフランス語の発音を100ターン位やって基礎を身につける。
A 似ている発音の区別を明確にする

私はいま、Aの段階です。(2010年11月現在)
・・・が、Aの良い教材がない笑
似ている音の区別を習得するための良い教材か、方法をご存知の方がいたら、ぜひ教えてください!