デッドクリフ

デッドクリフ [DVD]
原題:Vertige
公開:2009
時間:81分
鑑賞日:2015.10.24
ストーリーの面白さ:★★★
映像や音楽の美しさ:★★★
作品の世界観の良さ:
心が動かされること:★★★★
非日常的刺激スリル:★★★★

私のオススメ度:★★★

※ 注意 ※ R15指定、暴力・殺人描写あり

あらすじ

フレッドと、その彼女の、カリーヌ。
ルイックと、その彼女の、クロエ。
クロエの、元カレの、ギヨーム。
5人の若者は、クロアチアに、登山に来ていた。
大自然の中、解放感からか、立ち入り禁止の場所に軽い気持ちで入ってしまう彼等、そして・・・

私の感想、レビュー

この作品、正直、あまり期待はしていなかったのですが、観てみると、ハラハラドキドキさせられて、意外と面白かったです。

ただ、「ん?」と思ってしまうところも多く、ネタバレになってしまうといけないので、あまり書けませんが、相手が「自然」だけであったほうが、リアリティーがあって、絶対、もっと面白かったと思います。

あと、「これは、父親に捧げるような映画じゃないだろ?」と、思わず、突っ込んでしまいました笑

フランス語は、私はまだまだですが、おそらく、上級者の方が観れば、リスニング難易度は、そう高くない作品だと思います。

難しい単語や、スラングなども、あまり出てこなかった印象で、アクションシーンが多く、基本的なセリフがほとんどで、私でも、聞き取れるところが、多々ありました。

ちなみに、日本語版のタイトルは、「デッドクリフ」で、これは、英語では、「dead cliff(死の崖)」という意味ですが、原題は、「Vertige」で、「vertigo(高所恐怖症によるめまい)」という意味になります。

正直、オチは微妙な感じがしてしまいましたが、それでも、途中、ハラハラドキドキさせられるシーンが多く、81分と、上映時間が短めなこともあってか、最後まで飽きずに楽しめる、普通に面白い映画でした。