リヴィッド

リヴィッド LIVIDE [DVD]
原題:Livide
公開:2011
時間:93分
鑑賞日:2014.11.15
ストーリーの面白さ:★★★
映像や音楽の美しさ:★★★★
作品の世界観の良さ:★★★★★
心が動かされること:★★★
非日常的刺激スリル:★★★★

私のオススメ度:★★★

※ 注意 ※ 暴力・殺人描写あり

あらすじ

リュシーは、老人宅を回って介護をするヘルパーの仕事を始め、かつて、バレエの先生をやっていたという、寝たきりの老女、ジェセルの大きな屋敷を訪問する。
そこで、リュシーは、この屋敷の中には、金銀財宝が隠されているという話を、仕事の指導役、ミセス・ウィルソンから、聞く。
仕事後、ボーイフレンドのウィルと、その友達のベンに、その話をすると、ウィルは、屋敷に忍び込んで、お宝を盗んでやろうと言い出す。
始めは、反対していた、リュシーも、強引なウィルに押され、3人は、この屋敷に、忍び込むが・・・

私の感想、レビュー

私は、フレンチホラーは、おそらく、人生でも、初めてかもしれませんが、とても、惹きこまれました!
もともと、私が、ホラー映画が好きなせいもあるかもしれませんが、この映画も、退屈することなく、最後まで、夢中で観れました!

確かに、ストーリー的には、あまり目新しさはなく、意味が良く分からないところもたくさんありましたが、私は、楽しめました。

私は、ジャパニーズホラーが一番怖いと思っていて、ジャパニーズホラーになれているせいか、そこまで怖いとは思いませんでしたが、スリルはあって、惹きこまれました。

また、ゴシック風の洋館の様子が美しく、ファンタジー的な要素もあり、私はファンタジーはあまり得意でないのですが、この映画は、世界観も良かったです。

R指定はありませんが、グロテスクなシーンが含まれますので、そういうのが苦手な方は、ご注意ください。

この監督は、処女作の「屋敷女」という映画もあって、こちらは、R18指定なので、これも、今度、観てみようと思っています。