そして友よ、静かに死ね

そして友よ、静かに死ね [DVD]
原題:Les Lyonnais
公開:2011
時間:102分
鑑賞日:2014.11.17
ストーリーの面白さ:★★★★
映像や音楽の美しさ:★★★★
作品の世界観の良さ:★★★★★
心が動かされること:★★★★
非日常的刺激スリル:★★★★

私のオススメ度:★★★★

※ 注意 ※ PG12指定、暴力・殺人描写あり

あらすじ

ギャングで強盗グループの頭だった、モモンは、今は足を洗い、妻や子供達と、穏やかな生活を送っていた。
そんな、ある日、かつて、強盗グループで、一緒に派手に暴れ回った、親友のセルジュが、13年の逃亡生活の末、警察に逮捕されたとの知らせが入る。
そこで、最初は関わりたくなかったモモンであったが、友情に厚い彼は、親友を放っておけず、セルジュ奪還の計画を進めるが、セルジュは、スペインの麻薬密売組織から、命を狙われていて・・・

私の感想、レビュー

フランスのギャング物は、初めて観ましたが、本当に素晴らしかったです!
惹きこまれて、夢中で観てしまいました!

ストーリーも、伝記としても、物語としても、とても面白かったです。
ネタバレになってしまうので、詳しくは、言えないのですが、何とも切ない話でした。
映像も綺麗で、作品の世界観も素晴らしく、刺激的でした。

また、モモン役の、ジェラール・ランヴァンという俳優さんが、めちゃくちゃ、かっこよかったです!
彼の演技が、渋くて、素晴らしく、それだけでも、観る価値があると思います!

また、ロマという言葉を、私は知らなかったのですが、昔から、壮絶な人種差別の歴史があるようで、考えさせられるものがあり、特に、他国や他人種への悪感情というのは、利用されやすいので、そういった煽りを盲信しないよう、注意が必要だなあと思いました。

あと、この作品は、1970年代に、実際に存在した、エドモン・ヴィダルという、強盗団のリーダーの伝記をもとに作られているそうです。

フランス語は、私は、まだまだですが、所々、超簡単なセリフであれば、聞き取れることもあって、少しずつ、耳が慣れてきたような気がします(ちなみに、私が、フランス語学習のために、フランス映画を、意識的に見始めて、本作が、6つ目で、1本100分くらいとすると、6本×100分で、ちょうど、600分、つまり10時間のリスニングになります)。

本当に、これからも、また観たいと思える、素晴らしい作品でした!