正体不明 THEM

正体不明 THEM (ゼム) [DVD]
原題:Ils
公開:2006
時間:76分
鑑賞日:2015.10.11
ストーリーの面白さ:★★
映像や音楽の美しさ:★★★
作品の世界観の良さ:
心が動かされること:★★★★
非日常的刺激スリル:★★★

私のオススメ度:★★

※ 注意 ※ R15指定、暴力・殺人描写あり

あらすじ

舞台は、2002年、ルーマニア、スナゴフ。
ある母娘は、森の中を車で走行中、何者かに出くわし・・・
そのあくる日、同じ道を車で通ったのは、ルーマニアのフランス人学校教師、クレモンティーヌ。
彼女は、その日の勤務を終え帰宅。
自宅で、作家の夫、リュカと、幸せなひと時を過ごしていると・・・

私の感想、レビュー

「Cette histoire est inspiré de faits réels.」

何の予備知識もなく観てみた本作、一番怖いのは、やはり上記の一文、実話に基づいているということです。
かなり後味の悪い話で、そういう意味で、心動かされる映画でした。

ただ、「サスペンス映画」としては、正直、イマイチという印象でした。
もちろん、現実としては怖いのですが、「映画」としては、正直、大して怖くなく、かなりじれったく感じるシーンが多かったです。

フランス語は、もちろん、私には、まだまだ聞き取れないところだらけなのですが、おそらく、上級者の方が観れば、そんなに難しくないと思います。

あまりセリフの無いシーンが多いですし、「彼ら」から逃げるところは、基本的な単語が多く使われ、私でも、聞き取れるセリフが多かったです。
ちなみに、ルーマニア語も少し出てきます。

印象的だったのが、「Ça va.」が、日本語字幕では、「ただいま」「おかえり」になっていたことです。

決して、つまらなすぎる、というわけではありませんが、「サスペンス映画」としては、他に、もっと怖い作品がいくらでもあるという感じで、とにかく、「実話」ということが怖い、本当に後味の悪い作品でした。