エマニエル夫人

エマニエル夫人 [DVD]
原題:Emmanuelle
公開:1974
時間:91分
鑑賞日:2015.12.05
ストーリーの面白さ:★★
映像や音楽の美しさ:★★★★
作品の世界観の良さ:★★
心が動かされること:★★
非日常的刺激スリル:★★

私のオススメ度:★★

※ 注意 ※ R18指定?、性描写あり

あらすじ

タイ、バンコクに住む外交官、ジャンを夫に持つ、エマニエルは、パリから夫のもとへ駆けつける。
そして、あるパーティーに出席。
そこでの出会いが、彼女を・・・

私の感想、レビュー

名前は、知っていた、「エマニエル夫人」、この度、初めて、観てみました。

一番最初の印象は、「あ、この曲、エマニエル夫人の主題歌だったんだあ」ということです笑

ずっと前から聞いたことがあったあの曲が、まさか、この映画の主題歌だったとは、映画よりも、まずはそっちに意識が行ってしまいました笑

映画の内容の感想は、一般的には、性描写が露骨なことで有名ですが、私は、個人的には、そんなに官能的だとは思わず、むしろ「この映画って、もしかしてコメディ?」と思ってしまうシーンが多々ありました。

特に、後半、ジャンとアリアンヌのシーン、「こうしてやる!」には、大笑いしてしまいました。

あとは、ストーリーは、正直、退屈で、性描写も話題の割には、そうでもなく、私としては、タイの自然の美しさと、所々、笑えるシーンがあることくらいが、見どころと言った感じでした。

ただ、フランス語学習には、向いている映画だと思います。
派手なアクションシーンがないので、会話が聞き取りやすく、私でも、分かるセリフが多々ありました。

そんな感じで、私が、この映画の芸術性を、何も分かっていないだけかもしれませんが、個人的には、イマイチといった印象でした。
でも、非常に有名な作品ですので、一度くらい観ておいて損は無いとも思います。