ピエロの赤い鼻

ピエロの赤い鼻 [DVD]
原題:Effroyables Jardins
公開:2003
時間:95分
鑑賞日:2014.10.15
ストーリーの面白さ:★★★★
映像や音楽の美しさ:★★★★
作品の世界観の良さ:★★★★★
心が動かされること:★★★★★
非日常的刺激スリル:★★★★

私のオススメ度:★★★★

※ 注意 ※ 暴力・殺人描写あり

あらすじ

小学校の先生をやっている、ジャックは、毎週日曜日になると、ピエロに扮して、町の人たちを楽しませている。そんな、滑稽な道化師を演じる父親を、良く思わない、息子のリュシアン。だが、ジャックが、ピエロを演じるようになったのは、深いわけがあった・・・

私の感想、レビュー

2014年10月15日から、フランス映画をたくさん観て、フランス語を身に付けていこう!と思い、始めた、このフランス映画鑑賞歴ですが、一作目で、こんなに素晴らしい作品と出会えるとは、幸先の良いものを感じます!

本当に素晴らしかったです。

私は、映画は、途中で、何度もDVDを止めて、休憩しながら観るのですが、これは、話に引き込まれ、ほとんど止めずに、一気に観てしまいました!

映像も、フランスの田舎の自然が美しく、最後の音楽も素晴らしいです!
残酷な中に笑いがある、ユーモアにあふれた作品で、世界観が素晴らしく、感動するシーンやドキドキするシーンもありました。
登場人物も、それぞれ、愛嬌があり、とっても魅力的です!

この映画のフランス語難易度は、実力不足で、今の私には、わかりませんでした。

ただ、「C'est gentil.」「Enchanté.」「Pourquoi moi?」などなど、ところどころ、簡単なセリフなら、聞き取れる部分もあって、聞き取れたことが嬉しかったです!
また、冒頭の、 Sébastien Japrisotの、名言が最高でした!

まだ、たった一本目ですが、やはり、ネイティヴ向けのフランス語を聞くと違いますね。

何と言うか、「フランス語データ」が、脳のハードディスクに書き込まれたような感じというか、これが増えて行けば、もっとフランス語力がアップする予感というか、言葉でうまく言えませんが、良い感じです!
この調子で、どんどん、フランス映画を観て行こうと思っています。

一本目で、出会えてよかった、フランス映画を観て行くモチベーションが上がった、本当に、これからも、何度も観たい、素晴らしい作品でした!