シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜

シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~[初回版] [DVD]
原題:Comme un chef
公開:2012
時間:85分
鑑賞日:2015.01.15
ストーリーの面白さ:★★★
映像や音楽の美しさ:★★★★
作品の世界観の良さ:★★★★
心が動かされること:★★★
非日常的刺激スリル:★★

私のオススメ度:★★★

あらすじ

ジャッキー・ボノは、たくさんのレシピを暗記する料理オタクで、こだわりが強すぎるため、どこのレストランでも、客と、もめたりして、職を転々としていたが、恋人が妊娠していることを機に、腰を落ち着けようと、ペンキ塗りの仕事を始める。
一方、三ツ星レストラン「カルゴ・ラガルド」の一流シェフ、アレクサンドル・ラガルドは、伝統料理を好み、新しい時代の流れに順応できず、星を落としたらクビにすると、社長に言われていた。
ある日、ひょんなことから、アレクサンドルは、ジャッキーの料理の腕前を知り、彼を雇い、レストランの再建へと乗り出すが・・・

私の感想、レビュー

ユーモアあふれる作品で、私は、観ていて、とても楽しかったです。

ストーリーは、目が離せないというほど面白いわけではありませんが、つまらなくもなく、飽きずに最後まで楽しめました。

時間も、85分と短いので、あっという間に観れてしまいました。
2012年と、最近の映画なので、映像も綺麗で、音楽もいいです。

爆笑とまではいきませんが、クスっと笑ってしまうところが、いくつもあり、明るい気分になれる映画です。

フランス語も、「Ce n'est pas possible!」「Felicitations.」などなど、私でも聞き取れる簡単なセリフが多々あり、食材の語彙を覚えるのにも、うってつけの作品かもしれません。
ちなみに、日本語もちょっと出てきます笑

最初から最後まで、コメディータッチで描かれ、暗い所はほとんどなく、全編を通して、とっても明るい作品で、肩ひじ張らずに、気軽に楽しめて、元気がもらえる映画、といった感じです。