この愛のために撃て

この愛のために撃て [DVD]
原題:À bout portant
公開:2010
時間:85分
鑑賞日:2015.10.09
ストーリーの面白さ:★★★
映像や音楽の美しさ:★★★
作品の世界観の良さ:★★★
心が動かされること:★★★
非日常的刺激スリル:★★★

私のオススメ度:★★★

※ 注意 ※ 暴力・殺人描写あり

あらすじ

一人の男が、敵に襲われ逃走中、事故に遭い、意識不明の重体となって、病院に運び込まれてくる。
その病院の看護助手、サミュエルは、妊娠した妻のナディアが出産間近。
この夫婦は、突然運び込まれてきたこの男のせいで、大変な事件に巻き込まれてしまう・・・

私の感想、レビュー

何の予備知識もなく、観てみたこの作品、普通に面白かったです。

音楽が少しあっていない印象がありましたが、ストーリーも展開が早く、映像も最近の作品なので綺麗で、特に、ラストシーンは、良かったです。

この主人公の、人の好すぎる感じも、たまりません笑

フランス語は、私の実力では、正確に判断できませんが、おそらく、少し難しめなのではないかと思われます。
小声や早口で話されるシーンが多くて、警察が犯罪捜査していくシーンは、難しめの単語も結構出てきているように思います。

ちなみに、原題は「à bout portant」で、これは、「at point-blank range(至近距離)」という意味で、なぜ、「この愛のために撃て」というタイトルになったのか分かりませんが、これは、サミュエル目線ではなくて、サルテ目線?と思いました。

私としては、途中、登場人物たちに感情移入させられるシーンもあり、スカッとする結末で、最後まで飽きることなく楽しめました。