フランス映画レビュー

私のフランス映画鑑賞歴、また、各作品のレビューです。
今(2014年10月現在)は、まだまだですが、これからどんどん、フランス映画を観ていって、将来は、フランス映画を字幕なしで楽しめるようになることが目標です!

また、2015年から、HuluやAmazonプライムビデオなどのおかげで、より手軽に、フランス映画が楽しめるようになってきましたので、これから、どんどん観て行きたいと思います♪
(このレビュー内の作品すべてが、配信されているわけではありませんので、ご注意ください)

フランス映画レビュー リスト

計 46本 ジャンル別リストはコチラ

映画に求めるもの、評価、フランス語について

映画に求めるものは、人それぞれだと思いますが、以下の5つが、「私的、映画に求めるもの」です。

・ストーリーの面白さ
・映像や音楽の美しさ
・作品の世界観の良さ
・心が動かされること
・非日常的刺激スリル

ですので、この5つを、5段階評価で、点数を付けています。

:見るのが苦痛
★★:ちょっと微妙
★★★:C'est bon!
★★★★:惹きこまれた!
★★★★★:たまんない〜!

と、以上のようになります。
普通とちょっと違うのは、ここでは、3点が、「C'est bon!」であることです。
理由は、良い物をすべて、5点で評価すると、5点だらけで、その「良い物」の中でも、さらに違いがあるのに、その違いが、分からなくなるからです。

は、1点、は、0.5点で、例えば、「★★★★」なら、4.5点になります。

「ストーリーの面白さ」の点数が高ければ、続きが気になって、目が離せない!という感じ、
「映像や音楽の美しさ」の点数が高ければ、芸術作品、映像作品として、素晴らしい!という感じ、
「作品の世界観の良さ」の点数が高ければ、作品の雰囲気がたまんない!という感じ、
「心が動かされること」の点数が高ければ、感動、共感、癒し、懐かしさ等で、胸が熱くなる感じ、
「非日常的刺激スリル」の点数が高ければ、日常を忘れ、ハラハラドキドキ、ワクワクさせられる感じ、

の映画になります。
上で挙げた、5つの要素「私的、映画に求めるもの」と別に、総合的に、オススメ度も付けています。

ただ、これらの評価の目的は、「点数を付けて批評するため」ではなく、「これからその映画を観る人に、少しでも参考にしていただくため」です。
あと、あくまで、私の個人的主観ですので、人によっては、私と感じ方が全然異なることを、ご容赦いただきたく思います。

また、フランス映画の、リスニング難易度は、以下の5点で決まると思います。

・語彙の難しさ
・話すスピードの速さ
・発音の不明瞭さ
・アクセント
・スラング

本当は、以上の5点を踏まえて、フランス語難易度を、字幕なしで観たときに、

:仏検2級くらいの実力があれば、楽しめる
★★:仏検準1級くらいの実力があれば、楽しめる
★★★:仏検1級くらいの実力があれば、楽しめる
★★★★:仏検1級くらいの実力があれば、何とか、あらすじは理解できる
★★★★★:仏検1級でも、あらすじが理解できない

という感じで、つけたいのですが、今(2014年10月現在)は、まだまだ、これらを認識できるほどのフランス語力が、自分にないので、フランス語難易度は、保留にしておきます。
これらを認識できるようになったら、フランス語難易度も、作品のレビューページに付けていきたいと思っています。

まだ、フランス映画鑑賞は、始めたばかりですが、これから、どんどん観ていって、将来、字幕なしで、フランス映画が楽しめるようになりたいです!
とりあえず、目標は1000本!!

最後に、これらの作品の製作に携わった全ての方に、感謝します!
また、私が、その映画を観るきっかけを作ってくれた、サイトやブログなどで、オススメの映画を紹介されている方など、すべての方へ、素晴らしい作品を教えていただいて、ありがとうございます!